ビジネスローンの借り入れは有担保と無担保どちらがいい?

 

ビジネスローンには無担保のものと有担保のものがあります。

 

無担保のビジネスローンと有担保のビジネスローン一体どちらがいいのでしょうか?

 

今回はビジネスローンの無担保と有担保について解説していきます。

 

土地や建物など不動産のことを担保といいます。

 

有担保のビジネスローンということは土地や建物などの不動産を所有していないと利用することができないということになります。

 

では無担保ビジネスローンと有担保ビジネスローンを比較するとどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

まず大きく異なる部分は融資可能額です。

 

ビジネスでお金が必要となった時、その金額は比較的高額になることが多いです。

 

まとまった金額が必要となった場合は有担保ビジネスローンの方が最適です。

 

なぜ有担保ビジネスローンの方が融資金額が大きくなるのでしょうか?

 

それは返済リスクにあります。

 

有担保ビジネスローンの場合、万が一返済が不能となってしまった場合でも土地や建物など不動産を売却してしまえば返済不能となった分を補うことができます。

 

一方で無担保のビジネスローンは担保も保証人もありません。

 

つまり返済不能になった場合土地や建物など不動産を売却することができず返済不能分を補うことができません。

 

ですから無担保ローンでリスクを軽くするには融資可能額を抑える以外ありません。

 

そのため無担保ビジネスローンは有担保に比べて融資可能額が低くなっています。

 

従って、よりまとまった金額を借り入れしたいのであれば無担保ビジネスローンではなく有担保ビジネスローンを選ぶほうがいいのです。

 

次に金利面です。

 

無担保のビジネスローンと有担保のビジネスローンの金利を比較すると有担保ビジネスローンの方が低金利で借り入れ可能です。

 

有担保ビジネスローンの方が低金利になるその理由は上記の融資可能額と同じです。

 

しかも有担保ビジネスローンは、金融機関によっては特定の条件をクリアすることでさらに金利を引き下げているところもあります。

 

最も有担保ビジネスローンは返済が滞った場合、土地や建物などの不動産が売却されてしまい所有権を失うというリスクがありますので、その点は注意してください。

 

融資可能額や金利面で見ると有担保ビジネスローンの方が利用者にとってメリットが大きいです。

 

ですが無担保ビジネスローンにもメリットはあります。

 

まず一番のメリットはやはり担保を用意しなくていいということにあります。

 

事業開始直後や資金繰りが悪化しているときにビジネスローンを利用することが多いですが、この場合ですと所持している資産に余裕がない、担保として差し出せるものはないという方が大半ではないでしょうか。

 

また有担保ローンですと担保を処分されてしまうというリスクもあります。

 

これに対して無担保ローンであればそのようなリスクはありません。

 

また無担保ビジネスローンは有担保ビジネスローンに比べて審査が非常に早いです。

 

有担保ビジネスローンですと、その担保が万が一の時きちんとお金に変えることができるのかどうかを確認しないといけませんので審査に時間がかかります。

 

無担保ローンであればそのような確認をする必要もありませんのでその分時間短縮ができます。

 

このように無担保ビジネスローンと有担保ビジネスローンそれぞれにメリットデメリットがあります。

 

一概にどっちが良いとは言い切れず、重要なのはその時の状況に適した方を選択することです。

 

無担保ビジネスローン、有担保ビジネスローンは銀行系とノンバンク系どちらでも取り扱いしています。

 

ノンバンク系とは要するに消費者金融のことで預金業務を行なっていない貸金業者のことをいいます。

 

銀行系のビジネスローンは低金利で借りられる反面、審査基準が非常に厳しいというデメリットがあります。

 

ノンバンク系はその逆で金利は高いですが審査は銀行系ほど厳しくなく比較的緩い傾向にあります。

 

審査が厳しいということはそれだけ融資に時間がかかるということでもあります。

 

急ぎで資金調達が必要となった場合はノンバンク系を利用したほうがいいでしょう。