ビジネスローン はデンタルローン、メディカルローンに使える?

 

ビジネスローンで借りたお金は何に使っても問題ないのでしょうか?
今回はビジネスローンの資金使途について解説します。

 

法人の場合、事業資金と使うのであれば原則自由となります。
事業に関することであれば何に使っても問題ないです。
例えば商品の仕入れ費用、新規事業の事業資金、社員への給料の支払い、銀行融資までのつなぎ資金、他社借入の返済費用などなど事業資金に関係するものであれば基本的に何に使っても問題ありません。

 

法人の場合、ビジネスローンを利用するとなると資金の使途について聞かれます。
ですが、その時に話した資金の使い道と実際の資金の使い道が異なっていても、調べる調べられるわけではありませんので特に問題はありません。
ただし、法人のビジネスローンは法人格という法人に対して金融機関が融資をしていることを忘れてはいけません。
ですから法人経営者本人が、例えば自分の家賃や生活費、手術や歯の治療費の支払いをデンタルローンやメディカルローンの代わりとして使用することはできません。
法人の経営者は法人ではなく個人ですから、法人としてビジネスローンを利用した場合は個人で使用することは認められていません。

 

一方で個人事業主であればプライベートな資金に使っても何の問題もありません。
個人事業主であれば事業性資金として利用するのはもちろんのこと、個人の生活資金、または病院の検査や治療、歯の治療などメディカルローンやデンタルローンの代わりとしてビジネスローンを使用しても構いません。
個人事業主はビジネスローンといっても契約主体個人となります。
そのため個人の生活資金と事業資金の区別がつけることができないのです。
この部分は法人経営者と個人事業主とではビジネスローンを利用する場合の大きな違いといえます。

 

もちろんビジネスローンを提供している金融機関によって方針が異なりますので、必ず申し込みする前に資金使途については確認したり相談してみるといいでしょう。

 

ただしビジネスローンで融資された資金はあくまでも事業性資金に対して利用するものと考えてください。
事業性資金以外の目的で使うという場合は、その目的にあったローンを利用する方が金利が安くなる可能性が高いです。
例えば個人事業主がビジネスローンを利用する場合、資金使途に制限はありません。
一見すると非常に使い勝手がよく便利なローンといえますが、その分金利は高めに設定されます。
一方で、ある特定の目的にのみ使えるローンは使い勝手こそイマイチですが、その分低金利で借りられるというメリットがあります。

 

例えば病気や怪我で検査や手術を受けるとなった場合や、歯の治療受けるといった場合はビジネスローンでお金を借りるよりも、デンタルローンやメディカルローンでお金を借りるほうが金利を安く抑えられる可能性が非常に高いです。
デンタルローンやメディカルローンなど医療ローンというのは呼ばれるものは医療行為に対してのみ使用することができるローンです。
ビジネスローンのように繰り返しお金を借りたり、目的のこと以外にお金を使ったりすることはできません。
使い勝手としてはビジネスローンの方が上ですが金利面では医療ローンの方が上といえます。
ですからビジネスで使用するお金のために借りるのであればビジネスローンを、歯の治療や検査、入院など医療関係に使用するのであれば医療ローンを使用するほうがいいでしょう。

 

 

ビジネスローン は土日は借りれる?

 

ビジネスローンは土日祝日の休みの日でも、その日に融資を受けることは可能なのでしょうか?

 

今回はビジネスローンで土日祝日に即日融資を受ける方法と注意点について解説していきます。

 

カードローンですと土日祝日など休日でも即日融資OKのものは非常に多いです。

 

ですが運転資金を借りるためのビジネスローンとなると土日祝日に即日融資できる割合はかなり低くなります。

 

ですからスピーディーに資金調達をするのであれば会社選びが何よりも重要となります。

 

 

ただし即日融資OKなビジネスローン会社を選んだとしても、その条件を満たしていないと当日中にお金を借りることはできません。

 

では具体的にビジネスローンで土曜日や日曜日、祝日に即日融資受けるにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

すべてのビジネスローンにおいて、いつでも誰でも土日祝日に即日融資を受けられるわけではありません。

 

当たり前のことですが土日祝日に即日融資を受けるのであれば、土日祝日に即日融資可能な会社を選ぶことです。

 

即日融資可能なビジネスローンは意外と沢山あります。

 

ですがそれはあくまでも平日の話であって、土日祝日となると申し込みをしても審査や契約手続きは休み明けに行われる会社が多いです。

 

ですから土日祝日も即日で融資を受けられる会社を選ぶようにしましょう。

 

 

 

銀行系のビジネスローン会社ですと土日祝日に融資を受けるのはかなり難しいといえます。

 

そもそも銀行系のビジネスローンですと融資をうけること自体時間がかかる可能性が高いです。

 

土日祝日に即日融資を受けるのであれば銀行系ではなく消費者金融系のビジネスローンを選ぶといいです。

 

またビジネスローン会社によっては自営業者専用、法人専用、個人事業主NGといった借入制限が設けられている場合があります。

 

その他には業績1年以上などの条件を設けているところもありますので、申し込みする前に申し込み条件をよく確認してください。

 

 

一概には言えませんが、土日祝日でも即日融資できるビジネスローン会社は銀行系に比べると審査が緩い傾向にあります。

 

ですが思わぬことで出鼻をくじかれてしまわないように必ずチェックしておきましょう。

 

ビジネスローンで融資を受ける際、融資方法を銀行振込で選択する場合は注意が必要です。

 

平日であれば問題ありませんが、土日祝日となると銀行が休みとなりますから、その日に振り込み手続きしたとしても入金はされません。

 

もし融資方法が口座振り込みのみとなっている場合は、当然土日祝日に即日で借りることはできませんので平日のうちに融資を済ませておくしかありません。

 

また平日でも15時を過ぎてしまえば入金は翌日以降となりますので注意してください。

 

 

即日融資可能なビジネスローンに申し込む際に間違えやすいのが「即日融資」と「即日審査」です。

 

ビジネスローン会社のホームページを見てみると、

 

即日利用OK、即日融資可能、最短即日審査OKなど似たような文面が並んでいることがあります。

 

ですが即日融資と即日審査は全く異なりますので注意してください。

 

即日融資は文字通り申し込んだその日に融資を受けることができるという意味ですが、

 

即日審査は申し込んだその日に審査はOKでも融資は翌日以降となります。

 

 

ですから土日祝日に融資を受ける場合は即日融資OK、即日利用可能を掲げている会社を選ぶようにしましょう

 

先にも申し上げた通り土日祝日は銀行が休みとなりますので、銀行振り込みによる即日融資は不可能となります。

 

では土日祝日に即日融資受けるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは自動契約機を設置している大手の消費者金融を利用することです。

 

自動契約機はその場で契約書だけでなく借り入れに使用するローンカードの発行もしてくれます。

 

カード再発行できれば後はATMから現金を引き出すだけですので土日祝日であってもその日にお金を借りることができるのです。

 

しかも自動契約機は夜間も営業していますので、その日に借りられる可能性が高いです。