ビジネスローンは家に郵送物はくる?

 

 

ビジネスローン利用する上で気になるのが郵便物が送られてくるかどうかではないでしょうか?
特に自宅で仕事をされている方ですと家族に郵送物を見られてしまえば借金していることがばれる可能性が高いです。
今回はビジネスローンの郵送物について解説していきます。

 

郵送物が原因で家族に借金バレしてしまうのであれば、いっそのこと郵送物なしでビジネスローンを利用したいと考える方もいるでしょう。
結論から言ってしまえば郵送物なしで利用できるビジネスローンというものは殆どありません。
なかには郵送物なしで利用できるビジネスローンもありますがかなり限られてきます。
少なくとも銀行のビジネスローンで郵送物なしで利用できるところはありません。
消費者金融であれば郵送物なしで利用できるビジネスローンもありますが、銀行に比べて金利が高いというリスクがあります。
家族バレのリスクを取るか金利リスクを取るかということになりますので、その点を理解した上でビジネスローンを利用しましょう。
最もビジネスのために借金するというのであれば家族にバレても問題ないというケースも多いですね。

 

では具体的にビジネスローン契約するとどのような郵送物が送られてくるのでしょうか?
ほぼ確実に送られてくるのが契約書類と借り入れに使用するカードです。

 

ただしビジネスローンの場合、銀行振込で対応するところが多いですから、そのような場合は契約書類のみ送られてきます。
一方でカードタイプのビジネスローンであれば借入に使用するカードは送られてきます。

 

契約書類やローンカードは簡易書留や本人限定受取郵便で送られてきます。
通常とは違う形で家に届くので家族にばれる可能性は低いです。

 

郵送物の中身を見られなくても、郵送物それ自体を見られてしまえば家族にばれるのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。
確かに有名な消費者金融であれば会社名を見ただけで借金していることがばれる可能性が高いです。
銀行のビジネスローンであれば銀行名で送られてきますが、消費者金融ですと「〇〇センター」などと会社名ではない差出人名で送ってくることが多いです。
ですから郵送物を見られただけで家族にばれる可能性は低いといえます。

 

ビジネスローンを新規に申し込んだ時だけでなく、利用中にも郵便物が送られてくることはあります。
例えば契約内容が変更になったときです。
借入限度額や金利が変更になった場合、新しい内容の契約書が送られてくることがあります。
これはどのビジネスローン会社でも同じということではありませんので、どうしても気になる場合はビジネスローン会社に問い合わせてみるといいでしょう。

 

その他に考えられるとすれば毎月の利用明細です。
カードローン同様にビジネスローンでもウェブ明細を採用している金融会社は増えてきています。
未だに神の明細書で確認しなければいけない会社もありますので、そのような場合ですと郵送で送られてくることになります。
大手消費者金融であればビジネスローンでもウェブ明細を採用していることがあります。
ですから利用明細送られてきて送ってほしくないという方は消費者金融系のビジネスローンを利用すると良いでしょう。

 

ローン利用時の郵送物で一番気をつけなければいけないのが督促状です。
毎月決められた期日に返済できないでいるとローン会社から督促状が送られてきます。
督促状を避けることはできませんので、期日を守って返済するしかありません。
ただ期日から1,2日程度の経過ですと最初に本人に対して電話がかかってきます。
その電話に出なかったり電話で約束した日までに入金できないでいると督促状が送られてきます。

 

ビジネスローンの郵送物は、基本的に中身を見られない限りはバレないようになっています。
それでも家に郵送物が届くことを考えると郵送物なしで借りたいと考える方は多いでしょう。
郵送物なしでビジネスローンを利用したいのであれば大手消費者金融がお勧めです。
例えばアコムであれば自動契約機を使ってその場で契約書類やローンカードの受け取り、さらに利用明細はウェブで確認することができます。
返済遅延をしない限りは郵送物が送られてくることはありません。