・融資額1万円から1000万円
・原則無担保無保証で自由に借り入れ
・年会費、保証料無料
・来店不要で返済も全国の銀行、提携ATMで返済可能
・審査もスピーディ

 

 

 

ビジネクスト審査基準 どうしても資金調達が間に合わない!すぐにでもビジネスローンを組みたい

 

ビジネクストは大手消費者金融のようにどこを歩いても看板を目にすることができるといったメジャーな存在ではありません。

 

それは個人事業主や法人向けのローン会社からです。事業をしている場合は商品を販売してからお金が入ってくるまでにタイムラグが生じることがあります。

 

どうしても資金調達が間に合わないこともあります。その場合はビジネスローンを利用することになるでしょう。

 

 

ビジネクストの審査基準は難しいものではありません。着実に事業を継続していれば多くの場合通るでしょう。

 

その審査基準とはどのようなものでしょうか。
事業の情報は必ずチェックされます。年商は高いほど有利です。高ければ返済のためのお金に余裕があるとみなされます。

 

限度額を多くしてもらうことも可能です。反対に低いと信用度が低くなってしまい限度額が少なくなるでしょう。

 

 

操業年数も重要です。長く経営していればすぐに倒産する可能性は少ないですし、経営も安定しているはずです。

 

操業して数か月といった場合はまだ経営が安定していませんので廃業する可能性があります。実際に資金がショートしてお金を借りに来ているのです。最低でも1年の操業年数は必要になります。

 

 

他に他社借り入れ状況もチェックされます。他の金融会社からお金を借りていれば、ビジネクストに返済する余裕がないかもしれません。

 

また、それだけ資金繰りに困っていることになりますので、倒産する可能性が高くなります。もしも他の借金がある場合は減らしたほうがいいでしょう。

 

また、たくさんの会社から少しずつ借りている状況なら一本にまとめたほうがお金を借りやすくなります。

 

取引している金融会社は少ないほうが有利になります。大口で借りることによって金利が安くなるというメリットもあります。

 

きちんと会社が存在していて申告された住所にあるかどうかも確認します。電話での在籍確認です。一般向けの消費者金融では必ず行われることですが、個人事業主向けのローンでも同じように行われます。もし他の従業員に借金のことを隠しておきたい場合は個人名でやってもらえます。

 

 

ここまでは事業の情報ですが、他に個人事業主自身の情報にも要注意です。債権者としては、代表者がきちんと返済を続けていける誠実な人かどうかを確認する必要があるのです。これは夜逃げを防ぐことにもなります。いざとなったら事業を畳んであっという間に連絡がつかなくなってしまうようではローン会社も一切回収ができなくなってしまいます。

 

債務整理をしてもらえれば少額でも回収が可能になるのです。万が一の時でもきちんと対応してくれるかどうかも重要な事項になります。

 

 

まず重要なのが個人事業主の信用情報です。代表者が過去にキャッシングを利用して支払いが遅れたことがあったり、債務整理をしたことがあると通りにくくなります。

 

スマートフォンの分割払いの延滞にも注意しましょう。代表者の信用情報に不利な情報が登録されていれば、お金にルーズな人という印象を与えてしまいます。お金にルーズな人はもしかしたら最後まで返済をしてくれないかもしれません。

 

 

居住形態は持ち家が有利です。一人暮らし用の賃貸アパートだと簡単に引っ越しが可能です。また、居住年数も長ければ長いほど有利です。その土地に生活基盤が整っていることになりますので、夜逃げする可能性が少なくなります。万が一返済が遅れた場合に連絡が取りやすいということが重視されます。

 

 

ビジネクストの審査では、返済が終わるまできちんと返し続けられるかということを確認するために行われます。年商が多く、操業年数が長いと事業が安定しているため長期の返済が可能になります。また、事業主が誠実であることも条件です。万が一返済が遅れた場合でも夜逃げをせずに対応するかについても確認されます。

 

ただし、これらの条件はコツコツと真面目に事業をしていれば達成できる条件です。たとえ赤字であっても、他の条件が整えば借りることも可能です。審査基準は難しいものではありませんので、資金繰りに困ったら利用を検討してみましょう。

 

 

もしも少し条件が不利だと感じる場合は少し工夫をすることができます。

 

法人として申し込む場合は個人事業主であった期間を含めるようにします。同じ事業を継続して行っているため嘘をついたことにはなりません。操業期間を上乗せすることによって信用度を上げることができます。また、希望金額を少なめにしておくのもコツの一つです。万が一のための余裕資金を上乗せするのではなく、必要な金額ギリギリに設定しておきましょう。そうすることで通りやすくなります。

 

ちょっとした工夫はできますが、やってはいけない行為は嘘を書くことです。嘘がバレてしまっては今後一切利用ができなくなります。もしその時は借りることができても、返済中にバレてしまっては一括返済を求められても文句は言えません。ローンを組むときは必ず正直に書くようにしましょう。

 

中小企業への融資を行う金融機関 ビジネスローンをチェック

 

中小企業の多くは金融機関からの融資を、資金調達手段として頼っています。

 

銀行に融資の申し込みをすることは、中小企業にとって非常に大変なことです。

 

銀行からの融資を受けられないと、その中小企業は従業員に給料が支払えなくなったり、取引先への支払いを滞らせ、場合によっては倒産という事態も起きてしまいます。

 

銀行は、どういった基準で融資先を決定しているのでしょう。金融検査マニュアルという指針が、金融庁から出されています。

 

バブル経済の崩壊に伴って景気か悪化したことで、銀行にも一定の自己資金比率を確保することが求められるようになりました。

 

銀行の自己資金比率を守るために作成されたものが、この金融検査マニュアルです。金融検査マニュアルでは、融資を行っている中小企業をいくつかの段階に分けて格付けされます。

 

破綻経営先、実質破綻先、正常先、要注意先の四段階です。金融機関は、リスクの高い企業に対しては、融資を断るなどの対策を取るようになりました。

 

これはつまり、ランク付けの内容がよければ、それだけ融資の条件がよくなるといえます。

 

格付けがよい中小企業は、より低金利で融資が受けられたり、希望額どおりの融資を速やかに受けることができたりします。