ビジネスローン即日審査 開業資金決算書不要なのは 無担保で事業資金 保証人なしで借りれる?

 

 

ビジネスローン専門で融資を行っているのが、ビジネスパートナーです。

 

・45日間無利息融資
・最短即日審査で翌日融資可能
・担保不要、保証人不要で、最大500万円融資可能
・24時間入出金可能
・実質年率9.98%−18.0%
・満20歳から満69歳まで

 

 

 

 

・融資額1万円から1000万円
・原則無担保無保証で自由に借り入れ
・年会費、保証料無料
・来店不要で返済も全国の銀行、提携ATMで返済可能
・審査もスピーディ

 

 

ビジネクスト審査基準のまとめ

 

 

ビジネスローンの利息、金利についてのまとめ

 

 

開業資金や運転資金が不足している、

 

つなぎ資金が必要、事業の拡大や設備投資などまとまったお金が必要、

 

支払期日が迫っているけれどお金が不足している、

 

大口の取引先が倒産してしまい当初予定していたお金が入ってこないため手形落とせない等々

 

事業用の運転資金調達に利用することができるのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンを利用する上でやはり気になるのが金利です。

 

今回はビジネスローンの金利について解説していきます。

 

事業融資と一口に言ってもその種類は実に様々です。

 

消費者金融と銀行を比べた場合、銀行の方が低金利です。

 

そして銀行よりさらに低金利で借りることができるのが公的融資です。

 

公的融資となると金利は2%未満で借りることができます

 

非常に魅力的な金利と言えますが、公的融資の手続きは非常に手間がかかり面倒です。

 

しかも審査も厳しく借りたいと思ってそう簡単に借りられるものではありません。

 

仮に審査通過できたとしても、実際に融資を受けることができるようになるまでに非常に時間がかかりますので、

 

急ぎの資金調達には適していません。

 

このように低金利で借りることができる公的融資はデメリット部分もあり、

 

金利だけで判断せず状況に適した融資を選ぶことがたいせつです。

 

ただやはり2パーセント未満という超金利の融資は魅力的であることに変わりはありません。

 

ビジネスをしていく上で利息というのは余計な出費に他なりませんから、

 

融資を受ける場合はできるだけ金利がかからないものを選ぶのが鉄則です。

 

将来的に見れば低金利で借りられる融資を選ぶのがいいですが、

 

ビジネスをしていく中で急にお金が必要になることは決して珍しいことではありません。

 

そのような時に役に立つのが事業者ローンやビジネスローンのなのです。

 

民間の金融機関が融資するということで金利面が非常に気になるところですが、

 

ビジネスローンの金利は一体どのくらいかかるのでしょうか?

 

民間の金融機関のビジネスローンは金利が一律ではありません。

 

金融機関によって金利が異なりますので一社だけで判断せず

 

色々なビジネスローンを比較検討することが大切です。

 

原則として無担保、第三者の保証不要ということから

 

有担保や保証人が必要な融資に比べると金利は高めですので覚えておきましょう。

 

銀行のビジネスローンですと下限金利が2%台、上限金利でも10パーセント以下というものが少なくありません

 

これに対し消費者金融のビジネスローンは上限金利が法定金利ギリギリの18パーセントで設定されていることが多いです。

 

単純に金利面で比較すると銀行のビジネスローンの方が圧倒的に安いといえます。

 

もちろん銀行のビジネスローンならどこも低金利だとは一概に言えません。

 

銀行のビジネスローンでも消費者金融並みに金利が高いところもありますので、注意が必要です。

 

公的融資は審査が厳しいためになかなか融資を受けることができません。

 

そのため銀行のビジネスローンもしくは消費者金融のビジネスローンを利用する可能性が高くなります。

 

先ほども説明したように銀行のビジネスローンなら低金利で借りられる可能性が高いです。

 

ですから金利面だけで考えれば銀行のビジネスローンを利用するのが望ましいです。

 

ただ金利が低い分、審査基準が厳しくなかなか融資を受けるハードルが高いです。

 

一方で消費者金融のビジネスローンは銀行に比べて金利がかなり高いです。

 

高金利である分、審査基準は銀行に比べると緩やかな傾向にありますので融資を受けやすいです。

 

また消費者金融のビジネスローンは融資が早いですから、急ぎの場合にも対応できます。

 

高金利であっても、短期間で返済の目処が断つようであれば利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

ビジネスローンは公的融資に比べると金利が高いです。

 

その理由の1つに無担保・無保証であることが挙げられます。

 

つまり有担保であればビジネスローンでも無担保に比べて低金利で借りる事ができます。

 

担保にできる不動産を持っているのであれば有担保のビジネスローンを検討してみるのもよいでしょう。

 

 

ビジネスローン審査の必要書類について

 

ビジネスローンに申し込む上でどのような書類が必要となるのでしょうか?

 

今回はビジネスローンの必要書類について解説していきたいと思います。

 

ビジネスローンの必要書類と聞くと用意するのが大変そうというイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。

 

ビジネスローンの必要書類は融資商品によって異なりますが、

 

中には簡単な書類のみで申し込みできるローンもあります。

 

どのビジネスローンでも必ず必要となる書類が本人確認書類です。

 

本人確認書類はどの融資商品でも必ず提出しなければいけない書類です。

 

とは言え、本人確認書類は普段から持ち歩いている方も多いでしょうから用意に手間取ることはないでしょう。

 

本人確認書類として有効なのが運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証などが挙げられます。

 

いずれも現住所が記載されている事、有効期限内のものでないと認められませんので注意してください。

 

本人確認書類と同じようにほぼ必要となるのが収入証明書です。

 

収入証明書はビジネスローンの種類によって若干異なりますので注意が必要です。

 

具体的に収入証明書として有効なのは確定申告書、所得証明書、課税証明書等です。

 

本人確認書と同様ににいずれも現住所が記載されているもの、そして有効期限内のものでないといけません。

 

ビジネスローンの必要書類で多くの方が戸惑うのが事業関連書類です。
事業関連書類は法人と個人事業主とでは必要となる書類が大きく異なりますのでよく確認して準備しましょう。

 

法人がビジネスローンを利用する場合、事業関連書類は大抵は決算書が必要となります。
貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書この3つを合わせたものが決算書となります。
決算書は会社の経営状態を判断する上で非常に重要な書類となりますので審査前に要求されることが多いです。
ビジネスローンによっては決算書2期分が必要となることもあります。
四半期決算ではなく2年分の決算書という意味ですので間違えないように注意してください。

 

さらに法人のビジネスローンですと登記事項証明書が必要になることもあります。
法人事業を立ち上げる際は登記が必要となり、その登記情報は法務局のデータベースに記録されることになります。
法務局のデータベースに登録された一定事項証明する書類のことを登記事項証明書と言います。
登記事項証明書は法務局の窓口に直接行くまたはオンラインにて請求するかの方法で手に入れることができます。
注意点としてオンライン請求ですと書類が到着するまでに1週間前後かかります。
ですからそれを見越した上でオンライン請求するようにしてください。

 

法人がビジネスローンを利用する上で提出する事業関連書類は決算書と登記事項証明書の2点となります。
ただし融資金額が1億円以上になる場合は決算書ではなく決算報告書のみの提出で大丈夫な融資商品もあります。

 

では次に個人事業主がビジネスローンを利用する上での必要となる事業関連書類について見ていきましょう。
個人事業主が提出する事業関連書類には以下のようなものが該当します。
事業疎明書類、青色申告計算書、収支内訳書、資金計画書、事業状況の確認書類、事業計画書などです。
書類によってはローン会社の公式サイトにてダウンロードして提出するものもあります。

 

現在の事業状況と今後の事業計画は必ず正確に記載してください。
一時的な融資だからといって適当なことを記載してしまうと審査落ちになる可能性が非常に高いです。
当然ごまかすような内容では審査には通りませんから正直に記載してください

 

ビジネスローンの必要書類は準備するまでに時間がかかる書類があります。
特に法人事業ですと登記事項証明書をオンライン請求すると1週間以上かかりますので、その間は融資を受けることができません。
またビジネスローンは商品によって必要書類が異なりますので申し込みをする前に必要書類を必ずチェックしてください。

 

ビジネスローン の返済方法は?

 

 

ビジネスローンにはどのような返済方法があるのでしょうか。
ビジネスローン会社によって返済方法は異なります。
またローン会社によってはいくつかの返済方法の中から自分で返済方法を選ぶことができるものもあります。
それぞれの返済方法にはメリットもあればデメリットもあります。
返済方法によっては返済時に資金繰りに困ることもありますので、ビジネスローンを選ぶ際は返済方法についてもしておくとよいでしょう。
今回はビジネスローンの返済方法について解説していきます。

 

ではまず代表的な返済方法について紹介します。
代表的な返済方法としては残高スライドリボ払い、元利均等返済、元本一括返済方式この3つがあります。

 

次にそれぞれの返済方法について見ていきましょう。

 

まず残高スライドリボ払いです。
残高スライドリボ払いは、別名残高スライドリボルビング方式、元金定率リボルビング返済と呼ばれています。
この返済方法は消費者金融のカードローンやキャッシングでおなじみのリボ払いのことです。

 

リボ払いは毎月一定額を返済していきますので、借りた金額によって利息と元本の割合が違います。
基本的には月を追うごとに元本の割合が増え利息の割合は減っていきます。
リボ払いのメリットは毎月一定額の返済となるので分かりやすく返済計画が立てやすいということです。
逆にデメリットは毎月一定額となりますので、元金がなかなか減らず返済が長期化しやすくなることです。
返済が長期化すれば、その分ムダに利息を支払うことになります。

 

つぎに元利金等返済です。
元利均等返済とは毎回の返済額が一定になる返済方法のことをいいます。
毎回の返済額は同じとなりますので非常に分かりやすくこちらも返済計画を立てやすいです。
そして元金と金利の割合は完済まで一定です。
元金均等返済に比べると元金の減りが少ないので、返済が長期化しやすいと言われていますが、

 

そもそも元金均等返済を選ぶことはできませんので比べようがありません

 

最後に元本一括返済方式です。
元本一括返済方式は返済期間中は金利のみを支払い、満期日に元本を一括して返済する方法です。
法人向けのビジネスローンに用いられる特有の返済方法です。

 

元本一括返済方式以外の返済方法ですと、借り入れた翌月には返済が始まってしまいます。
これではせっかく借り入れた資金の一部をすぐに返済に回さなければいけないいけません。
ですから翌月以降の資金繰りを考慮しないといけません。
これに対し元本一括返済は、最終満期日に元本を一括返済すればよく借り入れた金額をフル活用することができます。

 

どの返済方法を選んでも共通しているのは利息は払わなければいけないということです。
ビジネスをしていく中で利息というものは非常に余計な出費といえます。
ですからこの余計な出費である金利負担をできるだけ減らすことが重要となります。

 

金利負担を減らすには元金を早めに減らすことが大切です。
元金を減らす方法としては繰り上げ返済があげられます。
基本的にどんなビジネスローンでも繰り上げ返済に対応していますので、

 

資金に余裕がある場合に繰り上げ返済を活用するといいでしょう。

 

ビジネスローンというのは短期の資金繰り調整に非常に有効です。
その一方で、手元にキャッシュがあるぶん無理に繰り上げ返済しないという人もいます。
しかし返済が長期化すれば、その分利息無駄に払うことになります。
先にも申し上げた通り利息はビジネスにおいてムダなお金ですから、払う額は少なければ少ないほどいいのです。
ですから資金に余裕があるうちに繰り上げ返済をしてしまうことをおすすめします。
そしてまた資金が必要になった時にビジネスローンで借りればいいのです。

 

ビジネスローンは返済が長期化しやすいですが、基本的には長期で借りるものではありません。
銀行プロパー融資や公的融資に比べると、どうしても金利が高いのがビジネスローンです。
ビジネスローンはスピーディーに資金調達が出来るのが最大の売りですが、金利が高めですのでできるだけ早く返済することが大切です。
そして資金繰りに問題ないようであればビジネスローンではなく、銀行プロパー融資や公的融資に切りて切り替えていくようにしましょう

 

 

ビジネスローン は即日融資はできる?

 

ビジネスローン即日融資長引く不景気により新たなビジネスチャンスがむけてきても資金不足によって

 

それに取りかかれず指をくわえて眺めているだけという事業者も少なくないです。
こんな時こそ素早く融資してくれる金融会社があれば非常に助かりますよね。
急な資金ニーズでも役に立つのがビジネスローンです。

 

企業への融資は公的金融機関や銀行などの民間の金融機関が以前から行っています。

 

企業の活動を支えるうえで非常に重要な資金調達源であることに今も変わりありませんが、
融資が実行されるまでに非常に時間がかかるというデメリットがあります。

 

ビジネスローンは公的機関や銀行の融資よりもはるかに審査スピードは速く起動できない融資を実現しています。

 

中でも消費者金融が提供するビジネスローンは即日融資が可能なものも多く急な資金ニーズにも対応させることができます。

 

今回は迅速さが売りのビジネス論の即日融資について解説していきます。

 

ビジネスローンは銀行系と消費者金融のノンバンク系の2つに大別することができます。

 

共通点としては担保なし、第三者保証不要、従来の融資に比べて審査から融資の実行までが非常に速いという点が挙げられます。

 

従来の企業への融資となると求められる書類が非常に多く準備するだけでも時間がかかるものでしたが、

 

ビジネス論は少ない書類で申し込みができ企業にとっては非常に魅力的といえます。

 

ビジネスローンで即日融資が可能なものは手に大手消費者金融に見受けられます。
大手の消費者金融は独自の自動審査システムがあり審査スピードは非常に速いです。
消費者金融は即日融資に対応するためのノウハウや設備環境がしっかりと整っています。
ですからビジネスローンであっても申し込んだその日に融資を受けることが可能となっているのです。

 

消費者金融のビジネスローンであれば即日融資が可能です。
ですが無条件に即日でお金が借りられるというわけではありませんので勘違いしないでください。
即日融資受けるにも条件があり申し込みの仕方によっては即日融資ができないこともありますので覚えておいてください。

 

即日融資が間に合わない原因としてあげられるのは申し込み時間があまりにも細すぎることです。
消費者金融のビジネス論は最短で2時間程度で融資が実行されるものもあります。
ただしこれは申し込みを午前中に行った場合に実現することができるものです。

 

またいくら即日融資が可能なビジネスローンであっても提出するべき書類に不備があったり不足していたりすれば即日融資はできません。
ですから消費者金融のビジネスローンで即日融資するためには出来るだけ早く申し込みすること、提出書類に不備がないようにしっかりと準備することが大切といえます。

 

ビジネスローンで即日融資するためには申し込み時間と必要書類の準備が重要と説明しました。
では必要書類とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
ビジネスローンにおいて必要となる書類は本人確認書類、収入証明書、事業実態を疎明する書類この3点です。
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかいってんです。
運転免許証がある場合は基本的には運転免許証が優先となります。収入証明書は確定申告書、青色申告決算書又は新知内訳書のいずれかが必要です。
事業実態を染めする書類は営業許可証、または受注書発注書納品書請求書領収書報酬明細に類する書類条件うちいずれかいってんです。
外国籍の人は在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書のうちいずれか1点が必要となります。
必要書類はどれかが欠けてしまうと申し込みすることができませんのできちんと準備してから申し込みしましょう。

 

 

ビジネスローン の在籍確認について

 

 

ビジネスローンの審査では在籍確認が行われます。
在籍確認とは申し込み字入力した住所や勤務先、電話番号などに間違いがないか、本当に働いているのかを確かめるために行われます。
在籍確認には規制があり在籍確認せずに貸し付けしてしまうと貸金業者が罰せられますから在籍確認は必須事項となります。

 

在籍確認と聞くと不安になる方も多いのではないでしょうか?
電話にてあれこれ詮索されそうなイメージを持たれるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。
在籍確認の電話は金融機関の担当者の個人名にて行われます。
そして電話をつないでもらって初めて業者名やサービス名をつげられますので、申込者本人以外が電話に出たとしてもばれることはありません。

 

在籍確認はあくまでも申込者本人がその会社に在籍していることの事実確認が取れればいいのです。
ですから申込者本人が必ずしも電話にでなければいけないというわけではありません。

 

在籍確認は融資の直前に行われることがほとんどです。
その為、在籍確認をクリアしてしまえばほぼ融資OKと考えていいでしょう。
逆に言えば在籍確認で審査に落ちてしまうこともあります。

 

では具体的にどのような場合に在籍確認で審査落ちになってしまうのでしょうか。
よくあるのは電話がつながらないケースです。
ビジネスローン会社が職場に電話しても、電話がつながらないことには在籍確認することはできません。

 

電話がつながらない原因として考えられるのが電話回線が切れていることです。
電話回線が切れていれば物理的に電話繋がりません。
例えば会社が電話料金を払っていない、工事などで一時的に電話回線が途切れてしまっている場合などが考えられます。
この場合ですと電話連絡による在籍確認が取れません。
電話以外の方法で在籍確認取れないかビジネスローン会社に一度相談するといいでしょう。
在籍確認は基本的に電話連絡によって行われますが、業者によっては電話以外の方法で在籍確認を行ってくれる会社もあります。

 

誰も電話に出ないがために在籍確認できないケースもあります。
例えばメインの営業時間が深夜の場合ですと、日中に電話しても誰も電話に出ることができません。
この場合はできるだけ遅い時間に電話してもらえないか一度相談するといいでしょう。

 

在籍確認の電話は基本的に担当者の個人名で行われます。
そのため情報漏洩を徹底している会社ですと、在籍確認で申込者の在籍を尋ねても「お答えできません」と断られてしまうことも考えられます。
この場合は事前にビジネスローン会社に電話で在籍確認ができない旨を伝えておくといいでしょう。
そしてビジネスローン会社が実際に電話してみて在籍確認ができないと判断した場合は、やむを得ず書類にて在籍確認を進めてくれます。

 

在籍確認は職場に電話をかけて行われますが個人事業主の場合はどうなるのでしょうか。
個人事業主ですと特に決まった職場などはなく、自宅で仕事をしたりカフェで仕事をしたりなど様々な働き方があります。
特に決まった職場がないという個人事業主は非常に気になる部分ではないでしょうか?

 

個人事業主で会社を構えていない場合は基本的に自宅に電話がかけられます。
個人事業主の場合、会社員と違って仕事の実態が電話だけでは推し量れません。
ですから収入証明書は欠かせません。
むしろ個人事業主ですと電話による確認よりも収入証明書による確認の方が重要です。
しかも電話は固定電話ではなく携帯やIP電話で対応できることもよくあります。
個人事業主の場合はいつでも収入証明書を提出できるように準備しておくべきです。

 

ビジネスローンのような高額借り入れは必ず在籍確認の電話がある?

 

カードローン等の借金を申し込む際、必ず個人情報を明かさなければなりません。それを口頭で伝えるだけでは、証拠として不十分なので、書類の提出を求めてきます。無人機を使う場合、機械画面に案内されながら入力するため、平気で嘘をつくことができます。それを回避するための書類提出になるので、隠さずに本当のことを伝えましょう。

 

入力する基本事項は、氏名、年齢、生年月日、勤務先、年収、希望借入金、利用目的などになります。希望借入金や利用目的によって、その希望が通るかどうかが決定するので、確実性には欠けることを知っておかなければなりません。

 

また、年収によって返済能力が判断されるので、場合によっては希望以上の金額を提示してくれることもあります。ただし、高額借り入れとなる場合、ほぼ確実に勤務先に対し、在籍確認の電話を入れるので注意しなければなりません。勤務先をごまかした場合、その場で嘘だとバレてしまい、申し込みを断られるか、警察に連絡されることがあるので、電話を恐れることなく本当の勤務先を伝えなければなりません。

 

在籍確認の電話は、高額借り入れしていることを伝えるためではなく、勤務先が存在していること、そこに所属していることの確認になるため、個人が特定されることは絶対にありません。また、電話はカードローン会社からだと分からないようにするので、その点についても心配する必要はないです。申し込みしている段階で電話をしてくれるので、その場で問題なしか再確認かのどちらかハッキリします。ただし、土日に申し込みをしている場合は、平日に電話をすることになりますが、特に問題はないので許可しましょう。

 

高額借り入れに限った話ではありませんが、必ず借りたお金を少しずつ返済しなければなりません。返済の遅延や滞納をしてしまうと、ペナルティが課せられます。余計にお金を払うことになるので、なるべく計画的に少しずつ返済することが、無理がないのでオススメです。もし、返済できないと分かった場合は、すぐに借入先に連絡し、返済を待ってもらうようにしましょう。これは最悪の場合の措置であり、一時的なものなので、早期解決を目指すことが必要です。このようなトラブルを発生させた場合、在籍確認のときと同様に電話をします。今度は個人が特定されるような電話になるため、周囲の人間に借金していることがバレてしまいます。また、家族にもバレてしまうので、結果として、最悪の事態を招くことになるでしょう。

 

高額借り入れをお願いする場合、必ず必要最低限の金額のみを借りるようにしましょう。それと同時に、滞りなく返済するだけの計画を立てておき、可能な範囲で早期返済を目指すことがオススメです。生活が苦しくなる場合は、バランスを考慮して返済し、余裕があれば、その分を返済に回すと良いでしょう。このように決めておけば、周りにバレることなく借りることができ、さらに返済を終えることが可能です。